織物の街として知られる桐生市にはどんな観光スポットがあるの?

桐生市と織物の関係性

桐生市は群馬県の東部に広がる広大な自治体です。古くから織物の街として知られ、世界的パリコレデザイナーをはじめとして数人の有名ファッションデザイナーを輩出してきました。では何故、織物の街として有名であるのかというと、この地域一帯は中世から養蚕業で栄えてきた歴史をもちます。そんな背景の中で「桐生織」という上質な絹織物が生まれ、全国に広まっていきました。そして、現在でも市内では織物関連業者がたくさん存在します。

桐生市にはどんな織物関連スポットがあるのか?

桐生市内には幾つかの織物関連博物館があり、たくさんの観光客が来訪するほか、周辺地域の学校に通う子供達の遠足の行き先にもなっています。その中で、駅から近い永楽町という地区の桐生織物記念館の2階では桐生織を作る時に使われていた古い織機が展示されているほか、貴重な資料を見る事が出来ます。また1階には桐生織関連商品がたくさん販売されていますので、土産物を買うならこちらがおすすめです。続いて、桐生駅南口そばに位置する絹撚記念館も市を代表する織物関連スポットで、関東大震災発生前から残る建物を改修した館内では貴重な資料が展示されています。その他、桐生歴史文化資料館などにも桐生織に関する貴重な展示品が所蔵されており、桐生市と織物の事をよく知りたい人には最高の観光地です。

桐生市までのアクセス

桐生市は高崎駅・熊谷駅・小山駅から同じくらいの距離に位置していますが、東京や埼玉から来る場合は高崎駅まで新幹線で来て両毛線に乗り換える形がベストです。続いて、東北地方から来る場合は小山駅で新幹線を降りて両毛線に乗り換えると約1時間で桐生駅に到着します。車でのアクセスについては、北関東自動車道の太田桐生ICが最寄インターです。

ヤートラルートをしらべる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です