日本の夜景スポットの都道府県のランキング

ナンバー1は長崎市です

長崎市の港は、鶴の港と称される長崎港を取り囲むすり鉢状の地形が特徴です。鍋冠山・稲佐山・風頭公園等、多方向からの夜景鑑賞が可能なのが特徴。どの方向からも、表情豊かな夜景を楽しむことができます。眼鏡橋や教会などのライトアップも美しく、アミューズメントスポットの夜景も美しくなっています。2012年には、香港やモナコと並び、世界新三大夜景に認定され、夜景鑑賞者が激増しています。現在でもライトアップの増設など、より夜景を美しくする活動が続いています。

ナンバー2は札幌市です

北海道といえば、函館の夜景が有名でしたが、現在では札幌市の夜景に注目が集まっています。特に藻岩山からの札幌鳳鳴の夜景が絶品です。藻岩山は、最近ロープウェイがリニューアルされました。藻岩山の他にも、大倉山、さっぽろテレビ塔、JRタワーなど俯瞰的な夜景が楽しめるスポットが多いです。北の大地に広がる人口200万人の大都市の夜景は絶品。しかも空気が澄んでいるので、まるで星空のような夜景が楽しめます。特に、雪まつり時期のさっぽろテレビ塔から見るライトアップは絶景です。

ナンバー3は北九州市です

堂々の第三位に輝いたのは北九州市。このエリアの夜景は、工場夜景ブームから始まりました。また、小倉のイルミネーションや北九州アイアンツリーなどの光の演出も豊富になりました。高塔山、皿倉山、足立公園、門司港レトロなどの視点場も豊富です。北九州市では、今後もライトアップなどの計画があり、今後さらなる上位に上がる可能性を秘めています。

ヤートラルートをしらべる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です